不倫慰謝料が高額になる場合と金額の決め方

不倫相手に慰謝料請求するときには、できる限り高額な支払いをさせたいものです。ただ、慰謝料には法的な相場があり、高額になるケースもあれば低額になるケースもあります。

以下では不倫の慰謝料の一般的な相場と高額になりやすいケース、慰謝料の金額を決める方法を弁護士が解説していきます。

 

1.不倫慰謝料の相場

不倫慰謝料の一般的な相場は、100~300万円程度です。不倫によって夫婦関係が破綻したケースでは、100万円を切るケースはほとんどありません。

一方、300万円を超えるケースもありますが少数です。

 

2.不倫慰謝料が高額になる場合

不倫慰謝料が高額になりやすいのは、以下のような事情があるケースです。

  • 夫婦の婚姻年数が長い
  • 不倫の期間が長い
  • 不倫の回数が多い、頻度が高い
  • 不倫が夫婦の生活に与えた影響が大きい
  • 不倫開始前夫婦関係や家族関係が円満であった
  • 不倫が悪質(夫婦関係を破綻させようと意図していた)
  • 不倫相手が妊娠・出産した
  • 不倫した当事者の社会的地位が高い、収入や資産が高い
  • 不倫された被害者が精神病になった
  • 不倫された被害者が仕事を失った
  • 不倫された被害者は主婦で離婚後の生活に不安がある
  • 夫婦に未成年の子どもがいる、未成年の子どもの人数が多い
  • 不倫した当事者が家出をして不倫相手と同棲した
  • 不倫した当事者が生活費を入れなくなったために家族が困窮した

特に夫婦の婚姻年数は慰謝料額に大きな影響を与えます。

婚姻年数が1~3年程度であれば慰謝料は100~150万円程度が相場ですが、それを超えるとだんだんと上がっていき、婚姻年数が10年程度になれば慰謝料の相場が300万円程度となります。

そこに上記のような諸事情を考慮して、最終的な慰謝料の金額を定めます。

 

3.不倫慰謝料の取り決め方

実際に不倫慰謝料の金額を決めるときには、裁判をしない限り当事者が自分たちで話し合って決定しなければなりません。

基本的には上記の相場をもとにして、お互いが納得できる金額を決めますが、裁判前の話し合いの場合には、必ずしも上記の相場にとらわれる必要はありません。双方が納得すればいくらであっても有効な約束になります(ただしあまりに高額な場合には無効となる可能性もあります)。

たとえば相手に支払い能力が高く不倫が悪質な場合、500万円やそれ以上の慰謝料を払ってもらってもかまいません。反対に、相手に支払い能力がなく反省していたら、100万円やそれ以下にすることも可能です。

適正な慰謝料の金額はケースによっても異なります。素人の方には取り決めるのが難しくなるでしょう。弁護士がアドバイスやサポート、代理交渉等行いますので、お気軽にご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0762320004電話番号リンク 問い合わせバナー