弁護士費用

慰謝料請求する側の弁護士費用

相談料について

初回相談料(60分まで)  無料
※ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。
2回目以降相談料 5000円(30分)

着手金について

交渉 10万円 5時間まで(超過分は、1時間につき2万円)
調停 15万円 3期日まで(超過分は、1期日につき3万円)
訴訟 20万円 5期日まで(超過分は、1期日につき3万円)

※訴訟期日の回数が着手金総額を4万円で除した回数を超えた場合には、超えた期日以降、1期日あたり3万円の出廷日当を頂戴します。

事務手数料について

交渉 1万円
調停・交渉 2万円(印紙代含まず)
訴訟 3万5000円(印紙代含まず)

報酬金について

報酬  慰謝料を得られた場合  得られた額の20%

 

慰謝料請求されている側の弁護士費用

相談料について

初回相談料(60分まで)  無料
※ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。
2回目以降相談料 5000円(30分)

着手金について

  対象となる経済的利益の額 着手金の額
交渉 300万円以下 5%(ただし、最低5万円)
300万円 ~ 3000万円 3%+6万円
3000万円 ~ 3億円  2%+36万円
3億円以上 1%+336万円

※弁護士の作業時間は、受領した着手金を2万円で除した時間(小数点以下は切り捨て)を上限とし、上限時間を超えた場合には、1時間あたり2万円の追加料金が発生します。

※交渉事件を依頼した後、調停や訴訟に移行した場合には、交渉事件の着手金の半額を訴訟や調停の着手金から差し引くものとします。

  対象となる経済的利益の額 着手金の額
調停・訴訟 300万円以下 10%(ただし、最低20万円)
300万円 ~ 3000万円 5%+15万円
3000万円 ~ 3億円 3%+75万円
3億円以上 2%+375万円

※弁護士の出廷回数は、受領した着手金を4万円で除した回数(小数点以下は切り捨て)を上限とし、上限回数を超えた場合には1期日あたり3万円の出廷日当が追加で発生します。

事務手数料について

交渉 1万円
調停 2万円(印紙代含まず)
訴訟 3万5000円(印紙代含まず)

報酬金について

  確保した経済的利益の額 報酬金の額
報酬 300万円以下 20%
300万円 ~ 3000万円 10%+30万円
3000万円 ~ 3億円 6%+150万円
3億円以上 4%+750万円
無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0762320004電話番号リンク 問い合わせバナー