不倫トラブルで請求できる慰謝料の金額の相場は?

夫や妻が不倫したら、不倫相手に慰謝料請求できます。

そのとき「いくらを請求するのが良いのだろう?」と迷ってしまう方が非常にたくさんおられます。

不倫の慰謝料には、法的な相場の金額があります。

今回は、不倫トラブルで請求できる慰謝料の一般的な相場について、金沢の弁護士が解説していきます。

 

1.夫婦関係が破綻した場合の慰謝料の相場

不倫慰謝料の金額は、夫婦関係が破綻したか破綻しなかったかで大きく変わってきます。

夫婦関係が破綻したら、その分被害者が受ける精神的苦痛が大きくなるので、慰謝料の金額も上がります。

その場合、だいたい100~300万円程度の幅で慰謝料が算定されています。

 

2.慰謝料が高額になるケース

夫婦関係が破綻した場合でも特に慰謝料が高額になるのは、夫婦の婚姻年数が長い場合です。結婚後10年以上が経過していたら、慰謝料の金額は300万円程度かそれ以上になる可能性があります。

一方、婚姻年数が短く1~3年程度であれば、慰謝料は100~150万円にしかならないケースが多数です。

 

3.不倫慰謝料の金額算定に与えるその他の要素

婚姻年数以外の要素としては、以下のような諸事情によって不倫慰謝料の金額が変動します。

  • 不倫期間の長さ
  • 不倫によって夫婦生活に与えた影響の大きさ
  • 未成年の子どもがいるか
  • 未成年の子どもの人数
  • 被害者がうつ病などの精神病になった
  • 被害者が職を失った
  • 不倫相手が妊娠、中絶、出産した
  • 配偶者が家出をして不倫相手と同棲した

婚姻期間が長く悪質なケースでは、500万円程度の不倫慰謝料が認められる可能性もあります。

 

4.夫婦関係が破綻しなかった場合の慰謝料の相場

不倫が発覚しても夫婦関係が破綻しない場合、被害者が受けた精神的苦痛が小さいものとして、慰謝料は低くなります。金額的には100万円を切るのが通常です。

 

5.離婚はしなくても別居した場合

不倫によって夫婦関係が極度に悪化したけれど、離婚までには至らない場合もあります。たとえば別居したり家庭内別居状態になったりした場合、慰謝料はどのくらいになるのでしょうか?

具体的な事情にもよりますが、破綻した場合と破綻しなかった場合の間の金額となる可能性が高いといえます。たとえば、離婚したら300万円の慰謝料が認められる場合でも200万円程度に減額されるなど、調整されるでしょう。

上記ではだいたいの相場や基本的な考え方を示しましたが、不倫慰謝料の妥当な金額を知りたい場合、本来は個別の事案ごとに検討する必要があります。具体的な状況をお知らせ頂けましたら弁護士がだいたいの金額を算定しますので、まずはお気軽にご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0762320004電話番号リンク 問い合わせバナー